保育に科学を子育ちにロマンを 2019年6月3日(第126号)

年長児 田植え がんばりました!!

5/18(土)に天気にも恵まれ、田植えを行いました。当日は小学校の運動会と重なる家族もありましたが、全員そろってできました。

今回は田んぼを少し広くして頂きました。田んぼの先生、木田さんのお話を聞き、田植えを始める子ども達。いつもとは違う土のぬかるみに始めは苦戦して、苗をあちこちに植えていましたが、慣れてくるとまっすぐ植えて、先に進む子ども達は笑顔で「楽しかった!!」「もっとやりたかった!!」との声がありました。このように田植えができるのも田んぼの地主さんや木田さんなどたくさんの方々に支えられてこそだと思っています。

この体験を通して、食べ物の大切さなどを子ども自身、感じてもらえればと考えています。忙しい中、田んぼ係を中心に田植え・おにぎり作りのご協力ありがとうございました。

 

~懇談会・親学習会を通して~

保育所での生活も慣れ、各クラス懇談会や親学習会が行われています。アリサのDVDを観たり、各年齢の発達(保育カレンダーの資料)についての読み合わせなどをしています。家庭の様子を聴くと「ご飯を食べない」「支度が遅い」「ダダこねがひどい」など様々な悩みが出されます。忙しい時間にされると大変で、親として「困る行動」だけど子どもにとっては「自分の思いを出す」「自分の事を自分でする」などしっかり自分を持ってオイルと思います。そこから仲間との関わりの中で、自分の思いを出すだけではなく、相手の思いを聞き、受け入れる事ができるのです。

毎日生活していく中で、子どもたちなりに様々な葛藤があります。子ども自身で乗り越えていけるように、私達大人がどう手助けをしていくかが大切です。そして、子どもが「自分は自分でいいんだ。」と「自己肯定感」がたくさん持てるような声かけ、接し方を心がけていきたいと思います。保護者・職員で協力し合いながら、子育てをがんばっていきましょう。

~全国保育実践交流会に参加して~

5/24(金)~26(日)に深谷町で行われ、全国から726名の仲間が参加しました。各地区の代表が絵を見ながら保育実践の報告を聞くと、子どもたちの為に強い信念を持ちながら保育をしている事に力をもらいました。また、保育の事だけでなく、平和についてのお話や社会情勢の事など盛りだくさんの内容でした。子ども達のために、この保育が大切だと再確認でき、平和について、私達大人が考えていかなければいけないと思いました。

2/22(土)に行われます保育参観・公演会ですが、講師の都合により2/1(土)変更となりましたので、よろしくお願いします。

6月の日程

1(土) 相澤さん発達相談

3(月) 安全点検

4(火)~6(木) 福島5園年長交流合宿(五色沼)

7(金)、8(土) 1才部会(好間)

9(日) 好間川草刈り

11(火) 鯉つかみ(年長)

12(水) お弁当の日、YG会(運営協議会)

14(金)、15(土) 給食部会(是川)

15(土) 赤ちゃんサークル

17(月) 福島園長会(郡山)

18(火) 防災訓練

22(土) 保育参観、奉仕作業、救命救急、職員会議

24(月) 防犯訓練

26(水) 身体測定

27(木) コロッケ作り(年長)

7月の日程

3(水) お弁当の日

5(金)、6(土) 2才部会(さくらんぼ)

9(火)、10(水) 3才部会(わかば)

13(土) 保育者学校(郡山)

19(金)、20(土) 主任部会(ひなた)

27(土) 広木克行氏講演会(さくらんぼ法区園と合同開催)※詳細は後日お知らせします。