保育に科学を子育ちにロマンを 2019年3月5日(第123号)

~お忙しい中、保育参観・講演会・奉仕作業のご出席ありがとうございました。~

30年度2回目の方行く参観は前回同様、0才児は親子での触れあい遊び、1才児から年長児までは全体リズムを行いました。

元気な歌声からはじまり、真剣にリズムをしている子ども達の姿がありました。前の週に交流合宿を行った年長児は、自分で「足指でける」「指先まで伸ばす」など意識しながらやっていました。年長児の姿を見ながら、憧れを持ってやりきった4才児。お母さん、お父さんに張り切って自分の姿を見せていた2・3才児。親子一緒で楽しんだ1才児。各年齢それぞれの発達が目に見えてわかったと思います。

年々、子どもたちの体が大変になっているのを感じ、日々の生活・遊びの中で、体をたくさん使い、リズムでも、職員全体で丁寧に手をかけています。その日々の積み重ねが、子どもたちの成長につながっていると感じている所です。

講演会では、「子どものとも社 代表取締役」上野良一氏をお呼びして、お話して頂きました。この幼児期(0~5才)の間に約5000の語彙数を獲得するので、たくさん絵本を読んで欲しいとの事。

もう一つは、教育のピラミッドがあり、「愛着(安心・信頼)」→「主体性」→「共感」→「知」の順で育っていくのが良い。何事も自分がやってみて、納得しないt身につかない話は、この保育とつながるところがあるなと思いました。話の途中に、何冊かの本を読んでもらい、心が温まる時間でした。その後の奉仕作業も寒い中、ありがとうございました。

事務室前にひな人形を飾ると、子ども達はその場所に座りこみ、ずっと見ています。保育所では3月1日にひな祭りをしました。

年長児は自分たちで着物をぬい、3・4才児は佐野井出とってきた実を使って、ひな人形を作りました。各クラスごとホールに飾り、歌をうたったり、紙芝居を読んでもらってからの3・4・5才児での昼食となりました。とてもおいしいご飯に、会話も弾んでいました。子ども達が持ち帰ったひな人形はお家でも飾ってもらったかな?

お知らせ 

 

3月30日(土)は年長児の卒所式です。保護者の皆様と共に職員全員で送り出したいと思います。
当日の保育はありませんので、ご協力お願い致します。

なお、ばら組の子ども達と保護者の方は卒所式第一部に参加します。第二部に入る前、年長児の着替えのお手伝いをお願いしたいと思いますので、宜しくお願い致します。

山口県の岡本おじいちゃんから、みかんが届き、おやつでおいしく頂きました。

3月の日程

1(金) 安全点検、ひな祭り、0才児懇談会

6(水) お弁当の日、年長卒所旅行(上野動物園)

8(金) 3才懇談会

12(火) 4才懇談会

15(金) 1才懇談会

16(土) 赤ちゃんサークル

20(水) お別れ食事会(3・4・5才)

27(水)・28(木)・29(金) 協力保育

30(土) 卒所式

 

4月の日程

5(金) 31年度入所式

6(土) 三学期末職員会議

20(土)・21(日) 東北ブロックH30年度春の総括

※6・20日は職員全員で学び合いたいと思いますので、休みのご協力お願い致します。