保育に科学を子育ちにロマンを 2018年1月4日(第109号)

新年明けましておめでとうございますお正月三が日をいかがお過ごしでしたか?

暖かい太陽の光が降り注ぎ、穏やかに過ごしたことと思います。大雪の光がサァーと指すと、風が吹いても気温がぐっと低くてもパッと所庭に飛び出していく子どもたち。今朝の所庭では羽子板を出してもらい羽根つきをした子どもたちです。太陽の恵みに感謝する今日この頃。自然の力には逆らえない人間の力でも、子どもの笑顔を守る環境は私たち大人の責任で守り整えていかなければならないと思います。一人の力は微力でも、共同協力する事で乗り越えられる事はたくさんあると思います。一人の力は微力でも、共同協力する事で乗り越えられる事はたくさんあると思います。今年も、保護者の皆様と共に考え、学び合い、子どもたちの笑顔を守る好間保育所でありたいと思います。本年もよろしくお願い致します。

赤ちゃんサークル再開について担当の小野理事長が体調を崩しお休みをしていましたが、12月から再会出来ることになりました。0才児時期の赤ちゃんの育ちへの支援は、幼児期、少年期そして一生の健康の土台を築くもとになります。共に学び合いましょう。月の第三土曜日9:30~10:30※都合により変更の場合あり。

酉小屋のお知らせ

1月7日(日)10時頃から

上好間地区金城クリニック付近(消防詰所前)の田んぼに“酉小屋”が建てられます。

地域の方が笹竹で作り、中には榊や御酒を飾り、いろりも作ります。

酉小屋の隣では正月飾りやお札を焚く松送りの火が暖かく燃え上がっています。体を温める美味しいものの販売もあるようです。毎年保育所の子もおじゃましていましたが、今年は日曜日。ぜひ、親子で出掛けてみてはいかがでしょうか?!

“森は生きている”の観劇に参加して たんぽぽ組 担任E

12月26日、年長さんと一緒に“森は生きている”の観劇に参加させていただきました。

劇中、かわいいウサギやリスの動きや言葉に笑ったり、知っている歌を口ずさんだり、悲しくなって涙したり…。また、長い時間本当に集中して心から劇を楽しんでいた年長さんの姿がとても素敵で、印象的でした。

普段、年長さんを中心としてどんどん出てきて、その時の舞台の背景や登場人物、歌声、動き、全てがとっても素敵で、お話の世界にどっぷり浸かり、楽しませて頂きました。子どもたちにとっても、自分にとっても、この本物に触れる経験は貴重なものだったと思います。次の日の保育で、“森は生きている”の歌を歌う年長さんがますます素敵でした。

1月の日程

1(月)~3 年始休所

4(木) 安全点検

7(日) 鳥小屋:地域

9(火) 震災支援びんご来所

10(水) お弁当の日

12(金)~13 年長児スキー合宿

15(月)~16 東北ブロック年長部会in錦保

17(水) 防災訓練Y・G会

20(土) 赤ちゃんサークル、職員会議

26(金) 交通教室 3・4・5才クラス

2月の予定

1(木)~ 年長児合宿inいわき

3(土) 年長公開リズム

5(月) 東北ブロック主任部会

15(木)~ 郡山女子短大より実習生1名

17(土) 保育参観、講演会、職員会議

20(火) 東北ブロック園長会