保育に科学を子育ちにロマンを 2013年5月1日(第53号)

新生活スタート1ケ月を過ぎて…

 新年度をスタートして1ヵ月が経ちました。朝早く迎え入れる新入所の子こもたちは「いってらっしゃい」の時もほとんど泣かなくなり、ちょっと泣いても親の姿が見えなくなると諦めの決断が早くなり、お友だちの輪にスーッと入るようになりました。
仕事復帰、新職場にお母さんたちは慣れましたか?
親子共々、保育所生活のペースがやっとつかめてきた所での大型連休。
大人はホッとするけれど、子どもたちはどうでしょう…。渋滞を覚悟しての遠出、親戚が集まっての夜遅くまでの大人の時間、長い一日TV,DVDまかせの時間等々。
子どもにとって本当に楽しいお休みなのか、保育士たちはちょっぴり心配です。お父さん、お母さん手作りのおにぎり・漬物・麦茶を持って、御崎公園やフラワーセンターを歩いていくるのも気持ちよくて楽しいですよ。線量が気になる方は、保育所の庭で遊んでください。
子どもにつり橋まで案内してもらい、稚魚放流の場所で足をぬらすのもいいのではないでしょうか…。
「早起き、早寝、朝ごはん」の生活リズムを崩さないでいただけますと、連休空け4月入所当時の状態になったとしても、すぐに保育所生活のペースに戻れると思います。職員も、連休明けも早出体制を続けますので、宜しくお願いします。

東北ブロック24年度総括研修のお礼

 4月20日(土)の協力保育、ありがとうございました。
18名の職員が参加、東北の133名のさくらんぼ保育仲間と共に、全園児の絵を並べ学習、また25年度の年齢別部会の打ち合わせをしてきました。今回は茨城のたんぽぽ保育園と5年前に民間移譲になった野いちご保育園からも、園長主任が参加して、東北が刺激をもらってきました。
 研修は、子どもや親、そして何より自分と向き合う力なり、意欲を高めます。この意欲を保育の中で実践したいと職員一人一人が思っています。多くの職員が参加できる時間を作っていただき、ありがとうございました。

鮭の稚魚放流をしました!

 4月18日(木)4~5才児で、1万匹の稚魚を好間川に放流してきました。今年は鮭組合の方が子どもの数ほどのバケツを用意していて下さり、昨年も体験している年長児たちはそっと手ですくっては川へ放していました。
初めての4才児、バケツの中のあまりの数に驚き、恐る恐る手ですくって川の中へ。

「お母さん(鮭)よりかわいい」「大きくなって来てほしい」とTVマイクに向かってコメントをしていた年長児でした。4年後力強く、たくましく育って、ふるさとの好間川に戻って来てね!!

年長児初のコロッケ作り

 前日ジャガイモ、人参、玉ねぎの皮をピーラーで引き、包丁を使って適当な大きさに切る下ごしらえをして、4月26日(金)初めてのコロッケ作りに挑戦した年長児たち。具を丸める人、小麦粉をつける人、卵水に浸す人、パン粉をつける人と担当別にして作ること30分で225個仕上げました。
昼食に出てきた子どもたちの手作りコロッケの味は格別!!

ずっと気になっていることの一つ…

 前日年長児が3人で「トモ、ホン!」と呼びに来ました。
私「本がどうしたの?」A「だからホン!」私「本をどうするの?」B「ホンよんでいいよ」私「読まなくてもいいよ」その会話を聞いていたC「トモ、ホンよんでください」と言ってくれたので、私は絵本を片手にお話の部屋に行きました。(~してくださいとまでは要求していませんが)
 絵のコメントを聞いても「遊んでる」「バナナオニ」「みんなと」の一言ずつしか返ってこないこと(年齢にもよりますが) では、家庭生活の中での会話はどうでしょう?子どもの一言要求に、親も一言返しになっていませんか?
まずは、大人が丁寧に会話すること、子どもの話に耳と目を傾けることを心掛けたいですね。

5月の日程

1(水) 安全点検、5才懇談会
8(水) 防犯訓練
9(木) 柏餅作り 4~5才児
14(火) 内科検診 12:20~
      年長児保育所合宿
15(水) 防災訓練
16(木) 歯科検診 9:00~
18(土) 市保健総会
      赤ちゃんサークル 9:30~
23(木) 3・4・5才児お弁当
24(金) 1才懇談会
27(月) いわき短大より実習生
28(火) 市内測定
29(水) 年長児会津合宿 2泊3日~五色沼