保育に科学を子育ちにロマンを 2017年2月1日(第98号)

28年度2回目の保育参加 への出席、ありがとうございました。1才クラスから年長児までの子どもたちを一同に見てもらうことで、1年間の子供の成長への見通しを持っていただければと思い、狭いホールになりましたが手遊び、絵本読み、歌、リズムをみていただきました。運動会ごろまでは未満児、以上児に分かれてのリズムをやっていましたが、その後週1回は全体でのリズムを意識してやってきました。ただ、絵本を読むということは保育参観が2回目のことでした。初めて読んだとき、ニヤニヤ、ヒソヒソの子は勿論いますが集中して聞いていると感じました。1才や2才クラスの子もその場に座っている、絵本に視線が向いているという姿に驚きました。お部屋で読んでもらうのとはまた違い、大きい兄さん、お姉さんと一緒というのは気持ちがワクワクするのでしょうか?!リズムも張り切ってやる姿がほんとうに微笑ましかったです。

保育参観、給食試食の感想ありがとうございました。

・年長さんへ憧れる我が子の気持ちがわかった
・一朝一夕ではできない子どもたちの姿から、日々の積み重ねの大切さを感じた
・小さなクラス時代を経て手足を意識した考えるリズムに合っていると感じ、我が子にしっかりと寄り添い共に進もうと思った
・車麩がメインのおかずになるなってすごい!
・給食だよりのレシピだけより実際の味がわかり参考になった
・家のみそ汁は濃いかも…家の味つけを保育所に近づけたいと思った

たくさんの感想をありがとうございました。
我が子の体の成長だけでなく、心の成長も感じたという感想、我が子だけでなく全年令の子どもを見ることで色々感じていただけたことを嬉しく思います。

夕方の外遊びで生き生き  朝日新聞参照

午前中の活動もさることながら、午睡後の子どもたちも何とパワフルなこと!手作りおやつを食べると、0才クラスヨチヨチ歩きの子たちまでも所庭へ出て遊んでいます。寒くて外に出るのがおっくうなこの季節、家庭で過ごす子どもたちには考えられないことかもしれませんが、子どもにとってこの「夕方の外遊び」が重要だということです。特に午後3時~5時を早稲田大学 前橋 明 教授は「ゴールデンタイム」と呼んでいます。1日の中で最も体温が高まり体がうごいきゃすいこの時間に、興味や関心に時を忘れて熱中し運動エネルギーの発散や情緒の解放を図ることで、自律神経を鍛え生き生きと成長するのだそうです。所庭狭しと走り回るクラス、おやつおを持って散歩先でひと遊びをしているクラス、暗くなるまでドッヂボールやホールでリズムをするクラスとそれぞれですが、ゴールデンタイムをしっかり活用している子どもたちです。お休みの日も、どうぞこの「ゴールデンタイム」を意識してみて下さい。小学生にもお勧めです!

2月の日程

1(水) 安全点検、お弁当の日、豆まき ※年長合宿の日
2(木)~4(土) 年長合宿inいわき海浜
4(土) 公開リズム ※スキー合宿打ち合わせ
7(火) 東北B園長部会 ~8(木)
14(火) 交通教室 3・4・5才クラス
15(水) 防犯訓練※1月より延期 Y・G会
17(金) 年長スキー合宿~18(土) in猪苗代スキー場
21(火) 29年新入児オリエンテーション
24(金) 年長クラス報告会
25(土)  赤チャンサークル
27(月) 防災訓練・身体測定
28(火) 年長児好間一小交流会

3月の予定

1(水) 安全点検、お弁当の日
3(金) ひなまつり、3・4・5才食事会
6(月) 臨時職員会議
8(水) 防災訓練
18(土) 赤ちゃんサークル
21(火) 身体測定
22(水) お別れ食事会 3・4・5才クラス
25(土) 28年度卒所式
30(木)・31(金) 新年度準備の為、協力保育