保育に科学を子育ちにロマンを 2016年3月3日(第87号)

この一年間、各クラスの親学習会(祖父母参観でも)で「脳科学の観点からみる乳幼児保育の重要性」~成田菜緒子~を読み合わせしながら学んできました。
脳を育てるということを二階建ての家を建てることに置き換えてイメージした時、一階が0~5才で作られる「からだの脳」、2階が1才を過ぎてから18才までの時間をかけて作られる「お利口さんの脳」、そして階段は10才を過ぎてやっと完成に向かう「こころの脳」です。一階が出来ていないのに二階は作れません。順番を崩した脳育ては、しばしば「こころの脳」問題を引き起こすのです。脳を育てるには何といっても土台、家の一階部分の「からだの脳」育ててあると学習しましたね。
 2月年長合宿の際、宮城県錦保育園 一村園長が、体が柔軟だと脳も柔らかくなり、許容範囲が広がってケンカや争いがなくなる。そして心も柔軟になり、相手を思いやったり受け入れたりすることができる年長集団になってくるという話をされていました。
野山を駆け回って遊ぶ時代とは違い、意識して子育て、保育をしていかないと子どもの体は年々大変になっています。合宿時反省会の中でも、年長4月の針仕事をするときには体が出来ていないと後半期の相手を思いやる…つまり「こころ」を育てるまでいかないのではないかとも話されていました。リズムの時、弱い子とは絶対手をつながない子、その反対に弱い子とだけつなぐ子がいます。しかし、状況を判断してパッとつなぐ子、それがまさに「こころの脳」が育っている証しなのです。

 いつもよりは少し早いですが、ばら組の子どもたちに「お風呂上がりに柔軟してね。」と話しました。2~3日で忘れてしまいますけどね。

 いよいよ卒所の月になりました。今年の年長児たちも一日一日を大切に過ごせる様に、職員一同見守りたいと思います。年長にあこがれるばら組さん、毎日散歩に出掛けては春をみつけてくるすみれ組さん、未満児たちもポカポカ太陽の下で遊ぶ毎日。春がすぐそこまで来ています! 

行ってきました、卒所旅行…上野動物園

「かわいそうなぞう」を読んでもらった年長児。
電車の中で70羽余の鶴を折り、動物たちが眠るお墓に手を合わせてから…見る!驚く!歩く!発見!を繰り返し、一日たっぷりと楽しんできました。
帰りの電車は、ぐっすりでした。

卒所式、新年度準備に関するおねがい!

3月26日(土)は卒所式です。
保護者の皆様と共に全職員でお祝いしたいと思います。そこで土曜保育はありません。ご協力をお願いします。
尚、ばら組の子どもたちとその親は式の一部に参加。又、二部に入る前の年長児着替えの手伝いも頼みたいと思いますので、宜しくお願いします。

3月25日(金)…3月31日(木)、4月1日(金)
卒所式準備、新年度準備をします。
お休みのご協力をお願いします。


4月2日(土)三学期総括の為、協力保育

3月の日程

1(火) 安全点検
2(火) お弁当の日、年長児卒所旅行
3(木) ひなまつり食事会 3・4・5才クラス
4(金) すみれ組講演会ビデオ鑑賞、理事会
5(土) 3才クラス懇談会、講演会ビデオ鑑賞
7(月) 職員会議
9(水) 防災訓練、Y・G会
11(金) 4才クラス懇談会
17(木) 2才クラス懇談会
18(金) 防犯訓練
19(土) 赤ちゃんサークル
23(木) お別れ食事会
25(金) 卒所式準備の為協力保育
26(土) 27年度卒所式 ※土曜保育はありません

31(木)・4/1(金) 新年度準備の為協力保育

4月の予定

1(金) 安全点検
2(土) 27年度総括職員会議
5(火) 28年度入所式
6(水) Y・G会
13(水) 防災訓練
16(土)・17(日)全職員東北ブロック春の総括 ※協力保育お願いします
23(土) 赤ちゃんサークル ※協力保育をお願いします